神仏具について思うこと

このホームページを作成開始したのが2012年だったと思います

TOPの文章にも在るように「神仏具も酒器、干支も大切な伝統です。ちゃんとやってますよ!!」と書きました

 変わり者の私は「LUCKY 12」「ゆらり」を作り出し、約90年続く神仏具製造にピリオドを打つべく活動しておりました

2011年のあの出来事までは

 

美濃焼における神仏具メーカーは1990年代には30社ほどありました

2017年には5社になりました

撤退または廃業です

美濃焼業界は主に陶器商社を経由して市場に流通します

そんな業界内で神仏具の存在は、「なくなっては困るけど、下の下ね」って感じです

だから、廃業や撤退しちゃったんです

私も撤退しようとしたんです

 

2011年4月、神仏具専門商社の社長さんが呑気に「使って楽しい器」を新規開拓している変わり者に

「大変なことになっている。骨壷、香炉など仏具•仏器をもっと製造しなさい。他社(神仏具メーカー)は寝る間もなくやってるぞ。仏具が行き届かない方々は日用品を代わりに使ってるんだ。これは商売じゃない使命だ。」

そんな言葉で私を叱ってくださいました

その後色々ニュースなどで情報を知り、申し訳なさに涙しか出ませんでした

 

 今、言えることは

ヤマ亮が神仏具撤退して誰かが代わりをやってくれるなんて絶対ない

だから神仏具はヤマ亮で作り続けます

若い子達からおじいちゃん、おばあちゃんが安心して使ってもらえるモノ

心が安らぎ、拠り所となるモノ

ちゃんとやりますよ!!!

すいません

ベラベラと好き勝手にこのページだけは書き連ねました

最後まで目を通してくださってありがとうございます